--
--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【 スポンサー広告 | CO:× | TB:× | --:-- 】

2005
11/22

異様に父親が優しい。
ちょっと気持ち悪い・・・。
理由は分かってるんだけどね。
嗚呼、彼はこれからどうやって生きていくのだろう。

ていうか、

ひとの心配よりも、自分の心配しろよ。

いろいろあるでしょうに。

悩みは少しずつ消えていくけれど、消えゆくよりも早く、どんどん増えて多くなっていくよね。
嫌だなぁ。

ところかわって、話が変わるのですけれどもっ。

そこの彼方は最近空を見上げたことがあるでしょうか?
こう、オモイッキリ首をそらせて、真上↑をみあげるのです。
周りの人工物が見えなくなるぐらい。
目に映るのは一面の空景色。

広いなあってすごく思う。
果てしなく。
包容感がいっぱいで。
幸せ。
いいなぁ。空を飛べる鳥は。

あの青(蒼)に溶け込んでしまいたい。

先週の金曜日、ふと横を見ると、姉が手を組んで眠っていました。
ほら、キリスト教の方が亡なられると手を組まされて棺の中にいれられるじゃないですか。
あんな感じで。
思わず、本当に死んでるのかと思いました。
でも息していたので、あぁ、いきてるんだなあと。
もしも死んだら、この意識はどうなるのかな。
カラダは朽ちても、この意識だけは在って欲しい。

それから、アノ空へ意識を溶け込ませることができたらいいなって、そう想う。

**過去の日記として**
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:0 | 22:04 】

COMMENT
POST A COMMENT

















TRACKBACK

トラックバックURL
http://zerotime.blog18.fc2.com/tb.php/55-0885be33


 TOP 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。